« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年11月の記事

のぶカンタービレ~奇跡のピアニスト密着4000日~

11月30日(月)夜7時から放送の
「報道発 ドキュメンタリ宣言」
(テレビ朝日系列)
http://www.tv-asahi.co.jp/d-sengen/

のぶカンタービレ
~奇跡のピアニスト密着4000日~

41rdmetpk7l_sl500_aa240_ 512bo2bwohwhl_sl160_aa115_ 辻井伸行。20歳。
「彼は奇跡のピアニストだ」世界最高峰のピアニスト、ヴァン・クライバーンを唸らせた一人の日本人。
番組は、彼がまだ注目されていない少年時代から11年、4000日に渡り密着。その成長を記録し続けてきた。

生まれつき全盲だった伸行さん。
「伸行の目が一生見えないと分かったとき、神を恨んだ」という母いつ子さん。
しかし、伸行さん2歳のクリスマス。親子の運命が変わった。
子ども部屋から聞こえてきた「ジングルベル」。母いつ子さんが覗くと、何と伸行さんがおもちゃのピアノを両手で弾いていた!

「心の目ってどんな目なの?」
「普通の人には見えないものが、僕には見えるような・・・」
ピアノ、そして音楽との出会いから18年。全盲というハンディを二人三脚で乗り越え、ひたむきに「明るく」「前向き」に、夢を追いかけてきた母子。
伸行さんはいかにして成長し、どのようにしてその才能を開花させたのか?

伸行さんの最新映像、そして彼の成長を記録した秘蔵映像を織り交ぜながら、”奇跡のピアニスト” 辻井伸行さんのピアノ人生を描く。

先日放送された、ETV特集(NHK教育)
辻井伸行さん特集は、ダビングして2回見ました。
実際のコンクール内容の厳しさやすごさに驚き、
随所にある、演奏に魅了されました。

*NHKBS2で再放送されるらしいです。
 2009年11月29日(日) 午前10時00分~11時35分

| | コメント (1)

ピアニストの贈り物~辻井伸行・コンクール20日間の記録

辻井伸行さん♪
ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールでの優勝!!

11月22日(日)
夜10時00分~11時30分まで
NHK教育テレビ「ETV特集」で放送です。
http://www.nhk.or.jp/etv21c/

アメリカテキサスで行われた20日間に渡る
辻井さんの挑戦を最初から最後まで
そばでずっと記録し続けた一人のアメリカ人がいた。
ピーター・ローゼン。
ローゼン氏のカメラは辻井さんのテキサス到着から、
過酷なコンクールの舞台裏、そして
辻井さんが栄光を勝ち取るまでの20日間を
すべて記録している。
その映像からは母親いつ子さんとの二人三脚、
ホストファミリーの温かい支え、
これまでカメラが入ったことのない審査の現場、
共演するオーケストラと指揮者との
行き詰まるやりとりなど
辻井さんがいかに厳しいコンクールを
勝ち抜いたのかが改めて伝わってくる。
ピアニスト辻井伸行のコンクールまでの20日間。
その知られざる姿を
すばらしい演奏とともにお届けする。』

伸行さんのピアノの素晴らしさはもちろん♪
(CDもゲットしてます!)
お母様の辻井いつ子さんの子育てが素晴らしいんです

私も小さい頃から高校までピアノを習っていたのですが、
~練習は大変だった思い出しかない
でもピアノの音は大好き、
番組、楽しみです~☆彡

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »