« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の記事

NHKの『ABU未来への航海』       ファイナル♪

25日のNHKニュースで~
兵庫県豊岡で開催の(23日~26日)
『未来への航海のファイナルイベント』
の事が放送されました

<「ABU未来への航海」は、NHKなどが加盟するABU=アジア太平洋放送連合が若者に地球環境について考えてもらおうと開きました。今回は日本や中国、モンゴルなどアジアの6つの国から高校生など17人が参加し、兵庫県豊岡市で2日間にわたって国の天然記念物のコウノトリを自然に帰す活動を体験します。兵庫県立「コウノトリの郷公園」では、初日の24日、参加者が飼育員に教えてもらいながらコウノトリにアジやフナなどのえさを与えました。マレーシアの高校1年生ジェス・イザイディンさんは「大きなコウノトリにえさをやる体験ができてとても感動しました」と話していました。また、中国の高校3年生曲直さんは「コウノトリを野生に帰す取り組みに感動しました」と話していました。この模様は来月3日の午前9時から、NHK教育テレビで放送されます。

「ABU未来への航海」

未来への航海2005、熱帯雨林の保護
に参加した娘は、
Img_0398 Img_0450

今回、OGとして豊岡にも参加
コウノトリにえさをやってるらしいです?!

4年前は、NHKの収録で、TOKIOの城島茂さんと
NHK住吉美紀アナウンサーが司会でした
http://www.nhk.or.jp/voyage/borneo/prg_2005.html

前回のブログで紹介した、
「プロフェッショナル、仕事の流儀 その2」
茂木健一郎さんと
「プロフェッショナル、仕事の流儀」
の司会をされている、住吉アナウンサー
今回のファイナルイベントにもみえて、
ボルネオ組みの娘達メンバーと話が盛り上がったそうです。

環境問題に興味がある方は、
11月3日午前9時から60分、NHK教育テレビ
『ABU未来への航海、ファイナルイベント』

ご覧くださいね

| | コメント (0)

ミミもハロウィン(*^_^*)

ミミにお土産~
コロンバンのお菓子と、
セサミのおもちゃ Mimi

Mimi_2

ミミはセサミのおもちゃ
とっても気にいって
もってこい遊びしています

我家のハロウィングッズ、
毎年ソニープラザでゲット!Img_2429

さて、去年のミミの
人間のお姉ちゃんの作品、
Img_2466

カボチャじゃなくて、みかん?(笑)

| | コメント (4)

☆☆ プロフェッショナル 仕事の流儀 ☆☆ その2

さて、なぜNHKのプロフェッショナル 仕事の流儀 に興味があったか?
我家は、台所、リビングがワンルーム!
娘は高校まで個室がなくて、リビングに娘の机と私の仕事机があって、
ゆえに、TVは1台で、家族でみる?!
チャンネル権はTV大好きパパが

まあ、パパが見るのは、ニュースや大河ドラマ、スポーツ関連、ドキュメンタリー、
ゆえに、この番組ももちろん


そして、もっと決定的なことは、
娘がNHKの「未来への航海」で
   http://www.nhk.or.jp/voyage/ 
   今年は海がテーマでしたね
住吉さん(アナウンサー)と番組一緒させていて、NHKへご挨拶に行ったとき、
スタジオで娘と私、実際のプロフェッショナルの録画取りを見学させていただいたんです。
茂木さんともご挨拶~(隠れ茂木ファンの母は舞い上がっちゃった・笑)

ちなみに、過去の番組で 娘がとても感動したのは、


国連難民高等弁務官 ウガンダ・リラ事務所長
高嶋由美子氏
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/080527/index.html 
  「熱い心と冷たい頭をもて」
  「自分で決めてこそ、切り開ける」


武装解除 瀬谷ルミ子氏
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/090421/index.html
  「目の前の現実に、答えがある」
  「人生が、自分の手で、変えられる」

思うに、親が伝えられない思い、こういう映像で、
本物の人の人生を見ることにより、
娘が何か感じる事が、気づくことがあるというのは、
ほんとうに、うれしい番組だと思います!
有吉さん、ありがとう


娘が生まれてから、心の底で望んでいた事は、

もちろん、まず健康な身体
そして、至福を感じる心!
でもそれは、その人の心の中に育つもので、誰もさわれない・・・

   あなたの
   こころが
   きれいだから
   なんでもきれいに
   見えるんだなあ
               by みつを

楽しむ心が、力があれば、人生楽しいぞ~!!
本物を見せて、経験させて、いい出会いの環境にほりこんで~~
親はひたすら地味な努力を重ねて?
さてさて、離れていった今、「りんごの芯」はちゃんとあるのか? ドキドキ・笑

| | コメント (0)

☆☆ プロフェッショナル 仕事の流儀 ☆☆ その1

■ 「プロフェッショナル」の極意、超絶! 企画・演出論」

Img395_9

9月30日に東京までいって、茂木さんと有吉さんの対談を聞いてきました。
忘れないうちに、自分にとってのポイントをメモ♪

1、どうして、茂木健一郎氏がプロフェッショナルの司会者になったか? お二人が会ったときのキーワード

*本当のことが知りたい、本物をみたい!

 有吉さんの番組を作成 目指すところは、
 どれだけ人の心にささるか?
 ドキュメンタリーとして、
 ロジカルじゃなくて、企んでできるものでない
 真実にふれて、涙する、りんごの芯が残るものを!

本物をというのは、我家のテーマでもあり、
娘の成長とともに、その大事さがひしひしと。
それと、人と人の出会いは、相乗効果で人を成長させ、
素晴らしいものを生むということ!
同じ匂いがする、興味の引かれる、意気投合する、
生きている間にそんな人との出会いがあれば楽しい~☆彡

2、プロデューサーとディレクターの役割
 ディレクターは、演出を行う、演出とは頭の中の考えを表現すること、「発想が豊か」「他人に指示を出すのが上手い」 事が求められるそうです。
 一方、プロデューサーが行う事は、製作の全般を、管理、運営等、する人。
 有吉さんは、プロデューサー、総括的な仕事、
 それこそ、この番組の 「りんごの芯」を
 番組全体のスタッフに浸透させるのが大事!
 決してマンネリ化にならないよう、
 常に大局的な見地にたたないといけない。
*言葉で語られない物を映像で伝える!

仕事の役割分担、どの世界にもあると思う、この関係、

さて、自分はどの役割を果たしているんだ?

そして、仕事に対する 「りんごの芯」とは何?

もう一つ大事な事は、
どういう業界でも、人と人の「コミュニケーション能力」
伝える能力

ふと思ったことは、育児でも、父がプロデューサー的、母がディレクター的?
いえいえ、時と場合によってその役目を交代しながら、家族が育っていく?!

そして親が子に何を伝えたいか、どういう形で?
親自身だけでなく、師と仰ぐ人や、大事な仲間、
友達と出会いを導き、できるかぎりの環境を与えて、

「人が人を育てる」 その中で、親としては、
これだけはの 「りんごの芯」をどう伝えるか?!

はたして、芯とは何?それがあるのかないのか?

もちろん、たとえ親子であっても、まったく違う人生を歩いているし、
仕事仲間や友達とも
お互いの価値観、人生観があるから。。。

テーマ曲スガシカオさんの「Progress」 私も大好き

茂木さんも有吉さんも絶賛☆彡
「クールで、凄い情熱を秘めてる曲!」

 ♪ずっと探していた 理想の自分って
  もうちょっとカッコよかったけれど
  ぼくが歩いてきた 日々の道のりを
  ほんとは”ジブン”っていうらしい

  世界中にあふれるため息と
  君とぼくの甘酸っぱい挫折に捧ぐ・・・
  ”あと一歩だけ、前に 進もう” ♪ 


http://www.nhk.or.jp/professional/music/index.html

その2へ続く。。。あと一歩、前へ!

| | コメント (0)

恐竜SFドラマ プライミーバル ☆彡

久しぶりに 我家、Skypeが動いてまして~
台風の被害があったか?と娘が聞いてきました。
我家の被害は、飛んできた樋がガレージの屋根を壊し、
アンテナを倒して
Skypeをいつものように、つなぎっぱなしでお互い勝手していたら?
「あ~~同じのを見てる!」 と娘が

はい、台風18号でアンテナがよそへ向いてNHKしか映らないし、
いつものように「クローズアップ現代」を見てそのままで
食事の後片付けを~~すると~パパの大好きな
「恐竜SFドラマ プライミーバル」

娘のパパは、恐竜とUFOが大好き~娘が小さい頃から
恐竜の本をよく読んでたし、恐竜展にはかかさず?一緒に

Img394

海外の友達に、恐竜のテープ や ビデオも買って来てもらったし

Img392

で~~血はあらそえない? この4月から家を離れて寮にいる娘も、
しっかり 恐竜SF見ていたんだ(笑)

娘曰く、「これ、イギリス英語だから~ 」 あ~そうか二ヶ国語放送!  

パパはちゃんと日本語でみてます 

| | コメント (0)

白洲次郎 **

白洲次郎・伝説の生涯を初ドラマ化!!

 英国仕込みの紳士道をプリンシプルと呼び、日本で初めてジーンズを履き、近年「日本一カッコいい男」と呼ばれ、注目を浴びている真のリベラリスト白洲次郎。戦前は近衞文麿首相のブレーン、戦後は吉田茂首相の側近となって政治の中枢にいた、昭和史の鍵を握る人物であるにも関わらず、その生涯は歴史の闇の中に埋もれています。

http://www.nhk.or.jp/drama/shirasujirou/index.html

↑NHKのドラマスペシャルのWebから引用。

何年か前に、友達の「旧白洲邸 武相荘へ行ってきたのよ♪」という話で

http://www.buaiso.com/annai.html

まず、白洲正子さんに興味がでて、本やCDを集めて~

(白洲正子さんは、私事ですが、娘と誕生日が一緒!)

その頃読んでいた本が、小林秀雄氏ので、

その娘さんと白洲次郎さんの息子さんが結婚して、白洲信哉さんという方がいて~~

実は、私が興味がある脳科学、今、ブーム?の茂木健一郎さんと白洲信哉さんは仲良しであることが分かって、これもなんというか、

興味がある人は芋ずる式に繋がってくる?!(笑)

さて、白洲次郎!!

(伊勢谷友介さんが演じてるのですが、なかなかかっこよかった!!)

私が特に印象が強かった二つの言葉を記録。

プリンシパル:自分の信じた『原則(プリンシプル)』には忠実

ノブレス・オブリージュ高貴な義務

NHKドラマではイギリスロケをしたらしく、

娘「これがケンブリッジ大学?」と興味津々 でした。

(仲良しの先生が、学生の頃、ケンブリッジに留学したと聞いてたので)

母は、近々に武相荘へ行こうと思っています

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »